お笑い芸人ビック3のひとり明石家さんまさん。
多くのレギュラー場組の中の一番組
「さんまのからくりテレビ」が、
9月いっぱいで打ち切られることになりました。

時代の流れ、テレビ番組放れ、世代交代、
もちろん、低視聴率と、
理由は、数多くあります。

番組スタッフも、決断は慎重に、
辛いことも多くあったことでしょう。

長く続いた番組は特に、出演者たちの思い入れが熱く、
納得のいく説明や言い訳に、
頭痛かったことでしょう。

記憶に新しいところでは、
タモリさんの
「笑っていいとも!」が終わりました。

「いいとも!」の場合は、タモリさんが、
企画内容に納得できず、
「これだと俺が司会じゃなくてもいいじゃん」
と、自ら打ち切りを望んだとも言われています。

「からくりTV」はその逆で、
さんまさんは、この番組に
多大な愛着を持っていたようです。
出演者と、とても仲が良く、
ファミリームード満載でしたが・・・

番組スタッフの企画力不足とさんまさん、
なんでやねん
と、かなり憤慨されています。

どんなものも、どんなことも、いつかは、
必ず、最後を迎えます。
それが、どのようにいつ来るかは、
誰にも分からないし、
予期すらできません。

さんまさんの場合は、
少し働きすぎていませんか、
還暦を間もなく迎えられる年齢のようですが、
このあたりで、少しペースを落とし、
身体を大切にされたらいかがでしょうか。

さんまさんは、まだまだテレビのお仕事が数多くあり、
天職のこの業界が手放すことはしないでしょう。

しかし、今の仕事が本当に天職と言えるのか、
本当にしたかった仕事が・・
と思ってる方、
少し立ち止まって、
この機会に
本当にしたかった仕事を探してみませんか。

ぜひご覧ください。

↓  ↓  ↓

動物に関する職業を紹介

あわせて読みたい関連記事:

    None Found