伝説の毒草『マンドレイク』が日本で開花

意外に可憐なナス科の植物

“引き抜くと悲鳴を上げ、
それを聞いた人は死に至るという

伝説の植物「マンドラゴラオフィシナルム」

国立科学博物館筑波実験植物園開花した。
意外に可憐

「伝説の毒草」 
つくばでマンドレイク開花に注目が集まっています。 

気候の関係で日本ではまず開花しないと言われていましたが、
開花は国内では珍しいのだそうです。

古くは薬用として用いられており、
根には幻覚や幻聴などを伴い、
死に至ることもある強い毒を持つと言われています。

中世ヨーロッパを中心に伝説が広まり、
映画「ハリーポッター」などにも登場しました。

本当に叫び声を上げるのでしょうか?
根っこの写真も拝見したいものですね。

昔は処刑された人間の涙から開花したと
聞いたことがあります。

毒草といわれているが毒々しいイメージはなく、
かわいらしい花のようです。

あわせて読みたい関連記事:

    None Found