小保方さん記者会見会場は、バナメイエビ偽装新阪急ホテル

「STAP細胞」の行方は・・・

あんなに小保方さんを「30歳女性独身研究者」みたいな感じで
連日アイドル並みに持ち上げて、
本質の「STAP細胞」の事で地面に叩きつけて、

残酷だな、日本の報道には問題がありすぎる。

「不勉強、不注意、未熟さゆえ…」と謝罪

国民は小保方さんの謝罪なんて求めてないと思います。
STAP細胞があるかないかが問題なのではないですか。

雑誌(ネィチャー)の半分は再現不能とも言うそうです!

化学って全部に正解が有って解けるものでも無いのは事実、

調子に乗ったマスゴミがこの論文に飛びつき、
未途上の実験を勝手に持ち上げすぎ、

ワイワイ騒ぎでした。

少し未完の所が問題と分かると
つつき倒しているようにしか見られない!
まだまだ発展途上の論文かも知れない。

論文を載せたネイチャー誌と、
彼女を斬り捨てるかのような理研の対応が、

今一度問うべき、問題点だと思います。

下の不手際は上司とは無関係ですか? 
上司がキチンとチェックしてないから起きた事なんじゃないですか? 
上司まで自分が何もしなかった事を棚に上げて敵に回るって・・・。
それとも研究界ってそういうモノなのですか? 

もう刺突の問題は
どうかんがえても小保方さんの能力が疑問値なのに、
女性だから男性社会で大変だからと
それだけで小保方さんを擁護するツイートながれて、

そういう人たちが一番面倒で、マスコミが騒ぎたてる元を作っている。
本来なら研究結果でのみ評価されるべきでしょう。

かっぽう着とか洋服のセンスとか過剰に取り上げすぎ。

こんなことしてたら若い本当に優秀な科学者が全部海外に逃げてしまいます。
日本のこのような体制下では研究出来ないと・・・

どう考えてもiPS細胞に対抗するためにごり押ししすぎ、
早まった発表だったのでしょう。

しかし小保方さん、正直3年間で実験ノート2冊はないですよね。

あわせて読みたい関連記事:

    None Found