会社をダメにする上司 「MKノー」の口癖とは?

「見たこともない、聞いたこともない」の略です。

「そんなやり方でうまくいったなんて話、聞いたこともない」
「その方法を取り入れて成功した会社なんて、見たこともない」

という感じに使われるようです。
これが、「MKノー」です。

「どうすれば達成するか」
「どうすれば変えられるか」

という前向きな思考がなく、
とにかく批判だけする人もいます。

このような人が経営の中枢にいると、
会社は内部から腐っていきます。

話をしてて疲れます。
建設的な会話にならないからでしょう。

そこで会議も止まってしまう、
話し合って、アンディアを出すということには
繋がっていきません。

「じゃ具体的な改善策だして!」
といいたくなります。

反論の論拠が
「見たこともない、聞いたこともない」ですから、

まともな議論ができません。

論拠は、客観的なデータに基づく
ファクト(事実)でなければならないからです。

こういう記事が新聞に載っても
自分の事だって絶対分からないんですよ。

客観的判断ができないバブルの負の遺産!

あわせて読みたい関連記事:

    None Found