学年ビリのギャルが慶應大学に現役合格

Amazonの在庫が売り切れるほど人気です

「駄目な人間などいません。駄目な指導者がいるだけなのです」

学年でビリだったギャルが、
1年で偏差値を40あげて日本でトップの私立大学、
慶應大学に現役で合格した話.

「おお。超イケメンいそう!
しかも、さやかが慶応とか超ウケる!」

某私立女子高に通っている。
上の大学にそのままエスカレーターでは行きたくない。
「同じ学校に行くのは飽きた」

偏差値30、学年でビリだった女の子が、
日本最難関の私立大学、
慶應義塾大学合格を目指し、指導するお話。

彼女は、校長先生から、
「お前は人間のクズだ」と言われたことがあるそうです。
僕にはキラキラと輝く
ダイヤモンドの原石にしか見えませんでしたと作者。
成功した鍵は「とにかく素直」だったこと。

普通の人間は、変な先入観というか、
中途半端な小賢しさというか、
頭悪いんですけど、
「自分の常識でものを考える」わけです。

偉大なことを成し遂げる人は、
必ず、「自信なんて後からついてくる」もの
この精神が重要ポイントです。

久しぶりにポジティブなメッセージが届きました。

あわせて読みたい関連記事:

    None Found