小保方晴子 万能細胞

割烹着とムーミンとSTAP細胞

「間違い」と言われ夜通し泣き、
デート中も研究忘れず…
常識破りの新型万能細胞を開発した
小保方晴子さん

生物学の教科書を書き換える成果」と、
驚きの声が湧き上がっている。

研究センターはなんと神戸である。
朗報研究発表は関西からですね。

STAP細胞(新万能細胞)は
iPS細胞(人工多能性幹細胞)
を超える可能性を秘めた研究成果。

応用範囲はかなり大きく期待大です。
これからの研究発表が
とても楽しみで
ワクワクします。

主導したのは、なんと30歳の女性。

研究室のスタッフ5人は全員女性。
研究室の壁はピンクや黄色で、
好きなムーミンのキャラクターシール
を貼って明るい研究室に。

着衣は、白衣ではなく、
型破りな割烹着
しかも今時の、カワイイ女性です。

「リケジョ」快挙にブームが
やって来ています。

あわせて読みたい関連記事:

    None Found