「禁忌症」の中から「妊娠中」を削除

妊婦さん温泉入浴問題なし

適応症」と「禁忌症」
わが国では、「湯治」というかたちで、
温泉が病気やケガを治すために 利用されてきました。

「妊娠中の女性は温泉の入浴を控えるべき」
環境省からの、そんな基準があったそうです。

私も2回出産経験がありますが、
始めて耳にする、規定で驚いています。

今の医学で根拠なくても昔からの習慣は
後追いで実証されるのが常なのですが・・・

医学的な根拠はありませんでした。
環境省は32年ぶりに温泉の入浴上の基準を見直し
妊娠中であることを
禁忌症としていたのをやめることとなったようです。

が国では、「湯治」というかたちで、
温泉が病気やケガを治すために利用されてきました。

医学的な見地では「温泉療養」と呼ばれています。
温泉療養には、実施してもよい病気や症状と、
実施してはいけない病気や症状があります。

したがって、
自分の病気や症状が温泉療養に適しているかどうか、
また、適しているのであればどのような方法で
入浴や飲泉をすればよいのかなどを
あらかじめ認識しておく必要があります。

温泉は心身ともに癒されますが、そのような場所で
妊婦さんが転んだりすると大変なので、
禁忌とされていたのではないでしょうか。

〇参考記事
岸谷香が子供の受験でトラブルに遭遇?
岸谷香さんも妊娠・出産を経験しているので
禁忌症などの記事に興味があるかもしれませんね。

あわせて読みたい関連記事:

    None Found