滋賀県のクラーク動物病院 院長の奥村滋
ペット保険詐欺で逮捕・起訴されました。

滋賀のクラーク動物病院が詐欺で逮捕|院長 奥村滋

犬の関節の病気でクラーク動物病院に診察に来た女性は
ペット保険に入っていませんでした。

ただ、関節の病気って手術で治す病気でもあります。
動物病院の相場にもよりますが、
関節の手術であれば、20~30万円くらいかかります。

 

とはいえ、そんな大金を自費で支払わせるのは
獣医さんとしては気が引けるのでしょう。

 

また、クラーク動物病院の奥村滋氏は
ペット保険の会社の株を持っていたようですが
値下がりしたために大損したそうです。

つまり、飼い主に手術代金を全額負担させるには気が引けること
また、ペット保険会社の株で大損したこと

この2点から、関節の病気の犬に対して
まずペット保険に加入させました。

そして、その後に関節の病気になったとして
ペット保険を適用の上、手術をして
ペット保険会社からお金をだまし取ったんです。

また、飼い主の女性も逮捕されたようですが、
起訴はされなかったようですね。

起訴とは、逮捕された後に
検察官が刑事裁判をするために裁判所に訴えを提起することです。

 

つまり、飼い主の女性はペット保険が適用され
犬の手術代金を全額支払わなくてすんだわけですが、
起訴されたのはクラーク動物病院の院長だけ。

したがって、今回のペット保険詐欺のケースでは
悪質なのは株で大損した奥村滋院長の逆恨みによる犯行だと
検察が認定したんでしょうね。

 

 

クラーク動物病院の奥村滋被告は
裁判で起訴事実を認めたようです。

ですから、今後は株で大損した逆恨みという動機が
刑期にどれくらい影響するのか?が見どころになるでしょう。

どうぞ、ご参考までに!

あわせて読みたい関連記事:

    None Found