阪神淡路大震災からもう19年

犠牲者に黙とう

残念ですが、人間の知恵では、
地震を、避けることも防ぐ事もできません。
でも、人間の知恵で、被害を防ぎ命を守る事ができます。
地震を知り当時を忘れないことが、
きっといつか、
大切に想う人を守ることにつながると思います。
  
今日1月17日は阪神淡路大震災から19年。
19年前の恐怖は今でも鮮明に覚えております。
何年経っても悲しい思いは変わることはありません。

当時は灘区に住んでおり、家族と共に被災体験をしました。

小学一年生の長男は、ゴジラ襲来と真剣に
闘う気満々でした。
恐怖の真っ最中でしたが、子どもの可愛らしい闘志に、
主人と思わず顔を見合わせ、
この子供達の為にも
頑張らないと、寒さもなんのそので、
復興に微力ですが携わってきました。

風化が懸念される今日ですが、
あの惨劇は消えることはありません、
伝えていかなければならないと思っております。

当たりまえの日常を送れることに感謝し、
犠牲になられた方、大事な人を亡くされた方、
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

あわせて読みたい関連記事:

    None Found