パンにマーガリンを塗って食べるのは
おいしいけど、太りやすそう・・・
って感じで、マーガリンは太りやすいというイメージがありますが。

それだけでなく、マーガリンには
もっと別の意味で健康を害する物質が
含まれていることがあるのです。

2013年11月に米食品医薬品局(FDA)は
マーガリンに多く含まれている
トランス脂肪酸の使用を抑えていくように言っています。

マーガリンに多く含まれている
トランス脂肪酸をたくさん摂取すると
心筋梗塞や動脈硬化の発症率が高まることがわかっているからです。

トランス脂肪酸をたくさん摂取すると
体にとって有害な悪玉コレステロールが増えて
体に有益な善玉コレステロールが減ります。

悪玉コレステロールが増えることで
動脈硬化や心筋梗塞の危険性が高くなるのです。

とはいえ、いくらマーガリンに
トランス脂肪酸が多く含まれることがわかっても
マーガリンなしの食生活は
むなしく感じる方もいるでしょう。

そんな方のために
開発されたマーガリンがあります。

ゼロとまではいきませんが
ちょっとでも体に安全にマーガリンを食べれるように
トランス脂肪酸を極限まで減らしたマーガリンが登場しました。

それがこちらです⇒★トランス脂肪酸を減らしたマーガリンはこちら

パンにマーガリンを塗って食べる方や
健康に気を使っている方におすすめです。

関連記事
クロナツとは?|バンデロール各店が販売するクロナツについて
こちらの商品もマーガリンを塗って食べたら
美味しいかもしれませんね。

あわせて読みたい関連記事:

    None Found