11月10日からの
大相撲九州場所の新番付が発表されました。

そして、大砂嵐はアフリカ大陸出身の力士として
初の新入幕です。
外国人力士としては39人目となります、。

大砂嵐は1992年に
エジプト・マンスーラ市出身です。

大砂嵐は、大砂嵐金太郎と言います。
14歳から相撲を始め、2008年にエジプトの相撲大会で優勝。
2011年より大嶽部屋に所属、2012年3月に初土俵。

実際の大砂嵐の動画です。

アフリカ大陸初の新入幕を果たした大砂嵐ですが、
イスラム教の教えによって
豚肉は食べているのか?

つまり、お相撲さんはちゃんこを食べるわけですが
ちゃんこには豚肉が入っているので
気になるところですよね。

そのため、色々と調べてみました。

大砂嵐さん所属の大嶽部屋では
かなり理解のある部屋のようです。

宗教の話がきちんと親方たちにも伝わっていて
豚を抜いた食事を用意してくれるんだとか。

ただ、日本で有名な納豆などは
気持ち悪くて食べれないんだそうです(苦笑)

他にも梅干しも気持ち悪くて
食べれないんだそうですよ。

そんなおちゃめな大砂嵐さんなんですが、
それでもアフリカ大陸初の入幕を果たせるくらいなので
今後の活躍には大いに期待してよいでしょう。

あわせて読みたい関連記事:

    None Found