SNEPという言葉をご存知ですか?

SNEPはスネップと読み、
孤立無業者という意味です。

つまり、就業が可能な20歳から定年に近い59歳で
学校に現在通っていない無職の未婚者のことです。

箇条書きにするとSNEPとは
・20歳から59歳
・在学中でない
・現在無職
・結婚していない

上記すべての条件を満たした方を
SNEPといいます。

SNEPは年々増加傾向にあって
2011年には該当者が162万人に達したということです。

で、SNEPってNEET(ニート)と
どこが違うんですか?
と疑問に思う方もいるでしょう。

NEET(ニート)は
・15歳から34歳
・学生でない
・専業主婦でない
・求職活動に至っていない

これらすべてを満たすものを言います。

ですから、SNEPとNEETは年齢面でも
社会的な立場でも違います。

では、SNEPからどうすれば脱出することができるか?
ですが。

まずは、仕事に選り好みせずに
どんな仕事でもとにかく頑張ってみることです。

そして、働いたお金を使って
本を買ったり資格を取得することで
再投資していけば
できることが増えてくるので
自分が働きたい職場が見つかりやすくなるでしょう。

どんな職場でもそうですが
未経験者よりも経験者の方が採用されやすいです。

また、同じ未経験者でも仕事の飲み込みが早い方が
採用されやすいのは仕方がありません。

仕事の飲み込みは
いろんな仕事の経験や知識量に
左右されるのは当然です。

そういった意味でも
まずはどんな仕事でも採用してもらえるなら
ありがたく、働きましょう。

そして、手に入ったお給料をパチンコや競馬に浪費せずに
本を買ったり資格を取得することに使いましょう。

そうすれば、少しずつ自分としての価値が高まり
どんな仕事でも就けるようになり
SNEPから脱出できるようになるでしょう。

資格を取得して好みの職場で働くために
あなたに合った資格を調べてみましょう。

資格を取得するための無料の資料請求はこちら

あわせて読みたい関連記事: