弱虫ペダル御堂筋翔君のすごさについて
語りたいと思います。

御堂筋翔君はとにもかくにも
直線のスピード勝負だったら、
誰にも負けないくらい速いです。

総北高校ナンバーワンの今泉君にだって
勝ってましたから。

しかも、今泉君に対して
「弱泉」と煽って
相手の精神状態を悪くさせ
集中力を落とさせたうえで
勝負するという戦略。

これって、ボクシングの亀田三兄弟的な感じですよね。

試合前に対戦相手を煽って
集中力を落として勝利するという。

それくらい弱虫ペダルの御堂筋翔君は
戦略家なのです。

緻密な戦略を駆使して
確実に勝利に導くのは
マンガを見ているこちらも
気持ちが熱くなってしまいますね。

でもって、高校ロードレースで最も強いと言われている
箱根学園3年の新開君に御堂筋翔君はスプリントで勝ちましたから。

こうなったら、日本に目標にできる相手がいないんじゃないかと
正直思ってしまいますよね。

また、御堂筋翔君は有吉弘行さんくらい
あだ名をつけるのが面白いです。

さっきも言いましたが、
今泉君のことを「弱泉」といったり
箱根学園の泉田君に対しては
「筋肉まつ毛君」と言ったりします。

こんな感じで、有吉さんみたいに
そのままって感じじゃないけど
しっかりと相手に言いたいことが伝わるんですよね。

こんな面白いあだ名をつける反面
チームにはものすごく礼儀正しいところも
私たちは学ぶべき点があって
すごく魅力的です。

やっぱり、ちょっと毒のあるようなあだ名をつけるだけだと
嫌なやつになりかねないじゃないですか。

でも、きちんと礼儀正しいところもあって
メリハリのある人間なんだなと感じますね。

しかも、お笑いの有吉さんやボクシングの亀田さんのキャラを
いろいろと複合的に感じさせつつも
それでいて、キャラ的にかなり新しいところが
弱虫ペダルの御堂筋翔君の魅力だと思います。

あわせて読みたい関連記事:

    None Found