木更津市の北部から東京湾に注いでいる
小櫃川には、たくさんの生物がいます。

特に小櫃川の河口左岸には
車で行っても駐車できるところもあります。

ただ、左岸にある船がたくさんいるところは
久津間漁港なので、釣りはできません。

ただ釣りができるポイントでは
夏から涼しくなる秋にかけてマハゼが釣れるため
多くの釣り人が小櫃川に訪れます。

また、たまーにカレイが釣れることもあって
釣りが大好きな人にはたまらないポイントとなっています。

また小櫃川はルアー釣りなら
シーバスが狙えることで有名なポイントでもあります。

シーバスとは、日本語ではスズキといいます。
スズキは高級魚なので、釣れたときのうれしさは
最高級ですね。

シーバスはルアーで釣ることがほとんど。
で、淡水のルアー釣りならブラックバス。
海水のルアー釣りならシーバスといった風に
ブラックバスとシーバスは
ルアー釣りの双璧と言った感じでしょう。

それから、シーバスを狙うなら春の夜がよいでしょう。
でもって、シーバスを狙うなら
河口部だけではなくて上流でも
狙えますよ。

特に小櫃川の上流でシーバスを狙うなら
小櫃堰公園がおすすめです。

小櫃堰公園の前にある小櫃堰のあたりまでが
シーバスが狙えるポイントです。

たまーに頭の形が変な感じの
デコッパチ的なシーバスもいるんで
面白いですよ。

あわせて読みたい関連記事:

    None Found