最近テレビ番組などで
ジェネリック家具を見かけます。

じゃ、ジェネリック家具って何?
って思われるしれませんね。

ジェネリック家具とは、
ブランドにとらわれないという意味です。

元々の有名ブランド家具の意匠権が切れると
その家具の形を模倣しても違法ではありません。

意匠権とは、特許権の形状バージョンで
見た目を保護する権利です。

ですから、意匠権で保護された家具を
他のメーカーが作ったら
訴えられます。

そのため、意匠権のある家具を
他のメーカーが製作することは
できません。

そうやって、製作費が高額になりがちな
有名ブランドの家具を守っているわけです。

ただ、意匠権は20年で切れます。

これを利用して
その有名ブランド家具を作った会社以外の会社が
似たような家具を安い値段で販売しています。

つまり、有名ブランドでは、
高額なデザイナーにお願いして
家具の見た目などを作ってもらうわけです。

そのため、元の家具は高額な製作費が
かかっています。

ですが、その家具の意匠権が切れたら
他のメーカーは安い値段で
ジェネリック家具を製作し
販売できるようになるわけですね。

有名デザイナーに外観の制作をお願いする費用を
省くことができますからね。

ジェネリック家具はその分、安く販売できるのです。

これは、お薬の世界のジェネリック医薬品と
同じような理屈だと思います。

ジェネリック医薬品は
元の製薬会社が開発した医薬品の
特許が切れたら、他の製薬会社も
同じ医薬品を製造して販売できます。

元の製薬会社は医薬品を作るのに
多額の研究費を使っています。

ですが、ジェネリック医薬品は
そういった研究費が不要です。

だから、ジェネリック医薬品は
元の医薬品よりも圧倒的に安いのです。

これと同じ理屈でジェネリック家具も
安い値段で購入できるのです。

特に最近は円安傾向にあって
有名デザイナーが製作した輸入家具は
高額になりがちです。

ですから、
有名デザイナーが製作した家具と
ジェネリック家具はほとんど見た目は一緒なので
こちらを購入する方が増えてきているんです。

で、ジェネリック家具は
プロダクト品とも言われていて、
ソファが特に人気がありますよ。

リプロダクトのソファはこちら

こちらのソファも、元はもっと高額なのですが、
プロダクト品ということで、
かなり安い値段で購入することができます。

あわせて読みたい関連記事:

    None Found